業界ニュース

寒い冬に、ワイヤーやケーブルの凍結を防ぐ方法は何ですか

2020-08-28
冬は特に北部では寒くて雪が降ります。ワイヤーやケーブルは屋外の頭上にあり、表面は雪や氷で覆われやすいです。氷の重量がワイヤーやケーブルの支持力を超えると、ケーブルが送電塔を引っ張ったり、ポールを引っ張ったりしやすくなり、ケーブル自体が破損します。では、上記の状況を回避する方法は?見てみましょう!

1ã€ワイヤーとケーブルに不凍液コーティングを施します。いわゆる不凍液コーティングは、実際には一種の高温断熱コーティングまたは反射断熱コーティングです。目的は、保温によって不凍液の目的を達成することです。また、防水、防錆、防湿、ひび割れ防止、耐火、断熱の機能を備えています。

2ã€材料の選択では、寒さに耐えることができるケーブルの選択に注意を払う必要があります。氷や雪がケーブルやケーブルの隙間に落ちると、ケーブルの重心が雪のある部分に移動しやすくなり、ケーブルを回転させる力が発生し、雪玉が転がり、どんどん大きくなり、ついに崩壊します。したがって、ケーブルの回転が着氷の主な原因です。

ケーブルが硬い導体の場合、積雪が十分でねじれが発生しにくいと、ワイヤーから雪が自動的に落下します。同時に、ケーブルの硬さと密度により、雪が徐々に氷に固まると、ある程度自動的に雪が砕けます。